Top >  メニュー >  どこまでの関係の人を結婚式に呼ぶのか

どこまでの関係の人を結婚式に呼ぶのか
"最近、結婚式をあげさせていただいのですが、今でこそ良い思い出と言えますが、準備はなかなか壮絶な修羅場でした。 引越しや新婚旅行などの準備は新しいおもちゃを買うみたいに二人で楽しくできたのですが、結婚式だけは別物でした。 結婚式には双方の両親、親類、友人等さまざまな「他人の思惑」が入ってくるからです。 どうしても妥協しなければいけない点が多く、どこに落としどころを持っていくのか決めるのは大変でした。 こと、出席者を決めるのは非常に難しく、付き合いの薄い親戚や、あまり仕事の付き合いのない上司、そもそも親しい友人とは誰のことまで、など数々の難問がありました。 この問題は感情論で考えるときりがないので、私たちは人数とバランスをまず考えて、それから誰に招待状を送るか考えることにしました。 式場の大きさから、まずは座席数を決め、人数を決めておくことで、妥協点を決めやすくしました。こうすることである程度は自動的に招待状を送る人を決めることができました。 とはいえ、最後の一人を決める場合など、苦労しましたけどね。"
メニュー

関連エントリー

結婚相談所で新しい出会いを 結婚相談所の会員数 結婚相談所の成婚率 結婚相談所のセキュリティ 結婚相談所の費用 結婚相談所でお見合い 結婚相談所で合コン 結婚相談所を通じて紹介 会員数は万単位 費用は高い? どこまでの関係の人を結婚式に呼ぶのか どこまでが無理ですか? デートに来ていく服に悩む 先輩婚活応援の会 「ありのままの自分」はとりあえず横に置いとくべし 婚活について簡単に説明しちゃおう 女性が作っている婚活ブーム まだまだやりたい事は沢山あるけれど・・・ 後悔しないように 式を挙げずに写真だけ残す結婚についての私の考え 記念にも思い出にも残った写真撮影。 結婚相手には経済力と優しさのある人を 経済力です 高望はしません 勉強したいけど20代での結婚も考える いつまでが、新婚さんの領域なんでしょう! 結婚願望の有無、独身のままでいたいかどうか 混乱して泣いた思い出 姓が変わるということ。 喧嘩をした翌日にはお茶や食事をしに出掛けて仲直りです