Top >  メニュー >  まだまだやりたい事は沢山あるけれど・・・

まだまだやりたい事は沢山あるけれど・・・
" 31歳独身、来年入籍予定です。私の両親は二人とも24歳の時に結婚していたため、子供のころから24歳では結婚していると思い込んでいました。しかし実際24歳になってみると、私はアルバイトしながら舞台で演劇をしたり、ダンスの仕事をしていたので、まだまだ独身でやってみたいことが沢山あり、彼氏もいませんでした。  20代も折り返し地点までくると、学生時代の友人はどんどん結婚していきます。そんな中で内心焦る自分もいました。彼氏ができても結婚の話は出ません。しかし、焦りはするものの、役者仲間やダンサーの先輩は独身が多かったので、そこでも「まだ大丈夫」という気持ちがありました。  30代までカウントダウンの28.9歳。役者やダンサー仲間でも、「引退して結婚する派」と「独身仕事バリバリ派」に分かれるようになりました。20代のうちに花嫁衣裳を着たい、母になりたい、という人が多かったのだと思います。私はこの年齢が一番結婚に執着していました。交際して3年目の彼も売れない役者だったので、結婚の話はいつも曖昧に濁します。そして30代突入。30歳の1年間は、もはや結婚のことは今は考えまい、と思いました。そうしていると仕事がどんどん舞い込み、新しい出会いも沢山あり、この際彼氏と別れて仕事を楽しみながら新しい出会いを探そうとすら思っていました。  30歳も終わりに近づくころ、彼氏に別れ話をしました。すると彼は「別れるくらいならば就職する」と言い、翌日アルバイトをやめて就職活動を始めました。就職も数か月で運よく決まり、今は二人で結婚に向け貯蓄しています。結婚の時期は早くても遅くてもいいけれど、子供だけは絶対にほしいという思いがあります。仕事も波に乗っていて本当に楽しいし、まだまだやりたい事は沢山あるのですが、子供は一生のうちに産める時期がどうしても決まっているので、34歳までには結婚と出産を終えたいです。20代のうちに結婚していたらできなかった沢山のことが経験できたので、結果的に今の年齢で入籍できるのがベストだったと思います。  子供がほしい方でなければ、自由な時代ですし、30代後半でも40代でも、運命の人と出会ったタイミングで結婚するのが良いのではないかと思います。 "
メニュー

関連エントリー

結婚相談所で新しい出会いを 結婚相談所の会員数 結婚相談所の成婚率 結婚相談所のセキュリティ 結婚相談所の費用 結婚相談所でお見合い 結婚相談所で合コン 結婚相談所を通じて紹介 会員数は万単位 費用は高い? どこまでの関係の人を結婚式に呼ぶのか どこまでが無理ですか? デートに来ていく服に悩む 先輩婚活応援の会 「ありのままの自分」はとりあえず横に置いとくべし 婚活について簡単に説明しちゃおう 女性が作っている婚活ブーム まだまだやりたい事は沢山あるけれど・・・ 後悔しないように 式を挙げずに写真だけ残す結婚についての私の考え 記念にも思い出にも残った写真撮影。 結婚相手には経済力と優しさのある人を 経済力です 高望はしません 勉強したいけど20代での結婚も考える いつまでが、新婚さんの領域なんでしょう! 結婚願望の有無、独身のままでいたいかどうか 混乱して泣いた思い出 姓が変わるということ。 喧嘩をした翌日にはお茶や食事をしに出掛けて仲直りです